1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

皆様、こんにちは。

寒さもいよいよ本番、東京では初雪が見られました。
寒いと肩や腰に変な力が入ってこわばりますよね。
冬はぎっくり腰が増えるそうです。
今回は力仕事でぎっくり腰にならないようサポートしてくれるアイテムをご紹介いたします。

まずはこちら
kame27-1.jpg
前掛け 志 幅47cm×丈67cm 3,800円(税込)
シンプルで、贈り物にも使いやすい柄です。

女性にぴったり
kame27-2.jpg
前掛け トイストーリー 幅47cm×丈67cm 4,900円(税込)
可愛いキャラ達が、仕事の疲れを癒してくれます。

ノスタルジックな柄
kame27-3.jpg
前掛け サイボーグ009 幅47cm×丈67cm  4,900円(税込)
懐かしい気分になります。飾ってもアリかも?

愛をとりもどしたい方はこちら
kame27-4.jpg

前掛け 北斗の拳ケンシロウ 幅47cm×丈67cm  5,500円(税込)
着ければみるみる力がわいてきそうです。男性へのプレゼントにぴったりです。僕のオススメ!

トキもいますよ!
kame27-5.jpg
前掛け 北斗の拳トキ 幅47cm×丈67cm  5,500円(税込)

以上、寒い冬から腰を守ってくれる前掛けをご紹介いたしました。
腰に負担がかかるお仕事の方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したアイテムは、前掛け専門店エニシングの商品です。
とても丈夫で、長さや色、ポケット付などさまざまなバリエーションがございます。
そして名前や好きな言葉を入れられるオリジナル前掛けのオーダーを1枚から
承っているそうです!
是非エニシングさんのホームページもご覧くださいませ。

皆様のご来館お待ちしております。

亀本

カテゴリ:

晴天に恵まれ、ミュージアムでは花文字、切り絵似顔絵などの実演が行われたりと賑やかに2019年がスタートしました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

3月末に閉館を迎えるアミューズミュージアムですが、BOROのミュージアムとして認識されている方も多いのではないでしょうか。開館当初はこぎん刺しや菱刺しも展示していました。これらはBOROとはまた違った魅力のある青森の手仕事です。
今、その技に魅了され作品作りをされている作家さんの作品が当館1階ショップでは取り扱われています。
新作が次々とやってきたので少しご紹介したいと思います。

kaji50-1.jpg
こぎん刺しピアス、イヤリング ¥2,950
シックな色合いと鞠型のゆらゆら揺れが愛らしい一品です。

イヤリングもあるのでピアスが開いていない方にもつけていただけるのが嬉しい計らいです。

kaji50-2.jpg
菱刺しバレッタ ¥1,728 矩形バレッタ ¥1,512

kaji50-3.jpg
菱刺しヘアゴム 大 ¥2,052 小 ¥1,728

気軽に身につけられるアイテムとして一番人気がヘアアクセサリーです。

手作りの菱刺しアイテムは世界に一つだけ。

自分へのご褒美にもいいですし、友人、家族への贈り物としても喜ばれると思います。

私はオープンからミュージアムに勤めており、BOROやこぎん刺しに触れる機会も多く、またいろいろなジャンルの作家さんと出会いました。もともと物作りが好きだったこともあり、そんな環境のミュージアムで働いているうちに制作意欲を掻き立てられ、こんな作品を作るに至っています。

kaji50-4.jpg
刺し子ブローチ ¥1,080
少しですがショップでも販売しています。

最近は藍染に刺し子のものを作るのが好きでよく作っています。

まだまだ冬真っ只中。寒さ厳しいですが、浅草にお越しの際は手作りのぬくもり溢れるアミューズミュージアムへいらして下さい。

アテンダント 梶

カテゴリ:

2019年がやって参りました。
皆様、明けましておめでとうございます。
本年は、ひとつ区切りの年にはなりますが、
まだまだ、皆様に誠心誠意、BOROの魅力、浅草、日本の魅力を伝えていけるように、
日々精進してまいります。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、今年の干支は亥。
猪突猛進すぎて、道を曲がらなかったために12位でゴールしたという
なんともかわいいイノシシちゃんです。
つまり、干支が一周したということですね。

今回は、そんな実直代表の亥グッズをご紹介します。

まずはこちら。
人気の張り子シリーズより、破魔矢亥。
はむっと破魔矢を口に咥えている様子が、とても可愛らしい表情です。
okada43-1.jpg
1,188円(税込)

次の張子は、頭の揺れる張り子うり坊。
トコトコ走ってくる姿を予想させる、愛らしい顔とフォルム。
okada43-2.jpg
1,404円(税込)

例年、ご好評につき、すぐ完売してしまうのが、こちらの手拭い。
洗うとふわふわの使い心地で、吸水性抜群。
リピーターの多い商品です。
okada43-3.jpg
両面ガーゼ手拭い各種 756円(税込)
左・正月七福亥/右・亥の初詣

最後はこちら。
手ぬぐいのカレンダーです。
こちらもとても人気の商品となっております。
一枚飾ってみるだけで、がらりと部屋の印象も変わり、何より便利。
お友達に買っていくという方が、非常に多くいらっしゃいます。

okada43-4.jpg

okada43-5.jpg
迎春日本手ぬぐいカレンダー 756円(税込)

無事に年越しも終え、新年を迎え、新たな気持ちでスタートしたアミューズミュージアム。
残すところ3カ月となりました。
今後も、皆さまとのふれあいの時間を、一瞬一瞬大切にしていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します!

アテンダント オカダ

カテゴリ:

何かと慌ただしい年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか。
浅草でも街中いたる所でお正月飾りが見られるようになり、
新年を迎える準備が着々と進んでいます。
そんな中、ミュージアムショップには、かわいい新商品が入荷しました!
それではさっそくご紹介しましょう。

jeong29-1.JPG  
こども動物てぬぐい 各972円(税込)
こねこ/こいぬ/こうさぎ/こぞう/こきりん

どこか懐かしいテイストの動物柄の手ぬぐい。
ファンシーな世界観がたまりません!

jeong29-2.JPGjeong29-3.JPG
手拭いの使い道は様々。
我が家では子供が熱を出した時に活躍しています。
保冷剤を包んだ手ぬぐいを腕の付け根でしばって脇を冷やします。
また、子供との外出時には、ハンカチとして使ったり、
食事の時に子供が服を汚さないようにエプロンとしても使います。
一枚あるといろんな使い方ができるので、本当に重宝します。

jeong29-4.JPG

jeong29-5.JPG
花ふろしき/うめ 972円(税込)

続いての新商品は、「花ふろしき」。
手ぬぐい素材で、44×44cmの小さな風呂敷です。
大胆な花の絵柄と注染の美しさが魅力的ですね。

jeong29-6.JPG
花ふろしき/さくら

jeong29-7.JPG
花ふろしき/てっせん

jeong29-8.JPG
花ふろしき/きく


jeong29-9.JPG
おいしい風呂敷 各648円(税込)
なす/たまねぎ/バナナ/しいたけ

jeong29-10.JPG
最後は、「おいしい風呂敷」新柄のご紹介!
お弁当包みとして最適なこの商品、
個人的にも新柄が出る度についつい買い足してしまいます。
お気に入りの柄は見つかりましたか?


以上、今年最後の新商品のご紹介でした!
皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
浅草寺へ初詣にいらした際は、ぜひアミューズミュージアムへご来館下さい。
新年は元旦より開館しております。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

東京は一気に冷え込んで、まさに冬が到来致しました!
気温変化が激しく体調崩されている方はいらっしゃいませんか?
南国生まれの私は、すでに上下ヒートテック、寝る時は湯たんぽを既に使用しています。
今年は例年よりもインフルエンザが早くから流行しているようですが、皆さま体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

さて、年も暮れとなった今日この頃。
連日続く忘年会で「今年ももう終わりだな」と感じてらっしゃるかと多いかと思いますが、
まだハッピーな行事が残っていることをお忘れにはなられてませんか?

それはもちろん!クリスマス!
イルミネーションに彩られた街並、プレゼント交換にホームパーティー!
ワクワクさせてくれる聖夜を、更に彩ってくれるクリスマスグッズと、ミュージアムらしく、
少し和のテイストを取り入れたクリスマスグッズとしても活躍する商品も合わせてご紹介致します。

まずはこちら。

Ohara57-1.JPG
クリスマスサシェ(サンタ・白鹿) 1,620円(税込)

円形で白地の物には、サンタがソリに乗ってプレゼントを運んでいる様子を、
三角形で赤地の物には、柊の葉と白鹿が描かれています。
サシェとは、匂い袋のこと。良い香りが仄かに2?3ヶ月香るので、お部屋に吊るしてご自宅をクリスマスの香りで満たしてくれます。
また、クローゼットに吊るしておくとお洋服にもその香りが微かに移りますので、外出した際にも香りを継続してお楽しみいただけます。

思い切ってクリスマスツリーのオーナメントとして使用しても素敵です。

ツリーのオーナメントには、こちらの和テイストの商品もオススメです。

Ohara57-2.JPG
菱刺しファブリックボード 小4,320円(税込) 大4,860円(税込)

菱刺し作家 雨と麦さんの作品。
伝統的な菱刺しの技法を活かしながら、色とりどりの配色でモダンな雰囲気で制作された作品。

Ohara57-3.JPG
ツリーのオーナメントとしても存在感を発揮するでしょう。
クリスマスシーズンが終わったら、ご自宅の壁に、ディスプレイし、オールシーズンお楽しみいただけます。

続いてはこちら。

Ohara57-4.JPG
トナカイ豆こけし 小864円(税込) 大1,620円(税込)
クリスマス升 540円(税込)

手のひらサイズに収まるちょこんとしたサイズの豆こけし、トナカイバージョンです。
2サイズあるので親子のように並べて飾るのも可愛いですね。

職場のデスクにあると、ストレスを感じた時の癒しにもなってくれます。

そしてクリスマス柄を焼き入れしたような模様のついた升。
いつとはグラスで楽しむシャンパンも、今年は日本人らしく、升で乾杯はいかがでしょうか?

いっそのこと、金箔を浮かべた日本酒を楽しむクリスマスパーティーにしていただくのも、一興かも知れません。

最後は聖夜の闇を優しく照らす、こちらの2つ。

Ohara57-5.JPG
和蝋燭2号5色 1,512円(税込)
クリスマスキャンドル(サンタ) 1,944円(税込)

5色に丁寧に塗られた和蝋燭。和テイストでありながらクリスマスの雰囲気に溶け込む色。
和蝋燭の特徴である、オレンジのポワッとした色味は聖夜優しく照らすでしょう。
部屋に飾ってムードを作るも良し、教会までの道のりを照らすライト代わりとしてご利用頂くも良し。

ぜひお手にとっていただきたい職人の力作です。

そして陶器に入ったこちらのキャンドル。

Ohara57-6.JPG

実はこちら、華やかな色彩が特徴の九谷焼の絵付けを、手軽に楽しめるようにと開発されたKUTANI SEALで装飾されています。
描かれているデザインは、星のようにも見える、手を繋いでいるサンタ達。
そのデザインは可愛いだけでなく、世界中の皆とクリスマスをお祝いしたくなる、温かな気持ちにさせてくれます。
使い終わって綺麗に洗っていただければ、お猪口としてもご利用頂けるサイズです。

いかがだったでしょうか?
どれもクリスマスグッズの定番だと思いますが、今年は平成最後のクリスマス。少し和テイストのものもご紹介させて頂きました。

皆様の素敵なクリスマスの夜にこれらの商品が、少しでも仲間入りさせていただければ嬉しく思います。

それでは皆様、Merry Christmas!

大原

カテゴリ:

皆さま、こんにちは
12月に入ったのに、突然の暑さや寒さと体が追いつかないような気候ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は新しく入りました商品を交えてお土産にもご自宅用にもぴったりな物をご紹介致します!
その名もジャパノラマシリーズ!

まずはこちら
Tsushima19-1.jpg
エコバッグ1,296円(税込)

1つ持っておけば便利なエコバッグ!
最近はレジ袋有料のところが多いので、お買い物の際には必須ですね!
容量も大きいため、旅行にももってこいです!

Tsushima19-2.jpg
またこのように小さく畳め収納ポーチもついていますので、とても便利です!

Tsushima19-3.jpg
柄も当館では2種類扱っており、海外の方へのお土産から普段使いする用まで幅広く使えます!

続きましてはこちら
Tsushima19-4.jpg
マグカップ1,296円(税込)

ジャパノラマシリーズの可愛い絵柄で少し大きめのマグカップになってますので、これからの季節はスープやお粥などのご飯を食べる時など色々な場面で大活躍間違いなしです!

最後はこちら
Tsushima19-5.jpg
クッション2,160円(税込)

盆栽に寿司!まさにジャパン!
最近は海外の方の間で盆栽が流行っているとか...。
手触りも良くサイズ感もゴロゴロと寝転ぶ時に枕にしても良し、とお手軽サイズです!

寿司の柄の方は...
Tsushima19-6.jpg
なんと、表と裏で玉子とカッパ巻き、鮪と鉄火巻きとデザインも変わっておりプレゼントにぴったりな可愛さです!

さて、本日紹介しましたジャパノラマシリーズいかがでしたか。
海外の方にお土産として、またご自宅用でも楽しめるデザインですね!

この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

アテンダント・ツシマ

カテゴリ:

皆様、東北地方の冬を体験したことはありますか。
地元の気候は東京とあまり変わりませんが、
大学は中国の東北地方の長春で、常に-25度くらいの冬と戦っていました。
当時、お洒落より寒さを耐えるには精一杯でした。
そのため、最初にBOROを見たとき、驚きました。

当館の常設展で展示しているBOROは、田中忠三郎先生が極寒の青森で集めてきたもので、

それは、人々が生きていくために、少しでも着物を厚く丈夫にしようとして、
一枚一枚の端切れで継ぎ接ぎしたモノです。

ところで、アミューズミュージアムでは展示だけではなく、販売できるBOROも用意しております。

cho23-1.jpg
35x100cm 10,000円 税込

cho23-2.jpg
32x125cm 4,000円/5,000円 税込

それほど古くないとはいえ、80年ほど前の青森のBORO布です。

cho23-3.jpg

cho23-4.jpg
32x125cm 5,000円 税込

今の使い捨て生活と違って、まだまだ布を大事にする時代でした。
cho23-5.jpg

cho23-6.jpg
1,500円~ 税込
昔、棉が育てられなかった日本の東北地方では、木綿布が普及したのが、明治24年東北本線開通した後でした。
普及と言っても、農山村では木綿は貴重品でした。

cho23-7.jpg

cho23-8.jpg

cho23-9.jpg

cho23-10.jpg
600円~ 税込
当時の女性に、端切れを持っているかどうかはステータスが変わります。
端切れが持っていないと、家族に何も作ってあげられません。
だから、たとえ既製品の服や洋服が普及した時代になったとしても、命より大事にしてきた布は捨てられません。

最後に、使い捨てなかった布で継ぎ接ぎしたものをお見せします!

cho23-11.jpg

後 

cho23-12.jpg
ボロズポン 59,400円 税込
いかがですか。
古布に与えられた迫力を感じられますか。

BOROは単純に寒さを凌ぐためだけではありませんでした。
既に着物を少しでも厚くしようとすることに膨大な手間をかけた上、
更に工夫をして、自分をより格好良く見せようとしています。

アミューズミュージアムで、皆様にもその驚きを感じていただきたい。

アテンダント
チョウ

カテゴリ:

皆様こんにちは。
今年の冬は暖冬と巷で言われておりますが、冬の寒さはやはり苦手な亀本です。

今回は、その冬の寒さに負けない青森県の人の伝統工芸、こぎん刺しアイテムをご紹介いたします。

まずはこちら
kame26-1.jpg
こぎん刺し小銭入れ 各3,800円(税込)
草木染めで染められたナチュラルなグラデーションの刺し子糸が、深い味わいを出してます。

中は半分に仕切られ使い勝手もGood!
kame26-2.jpg


メガネっこ入れ(青森方言風)
kame26-3.jpg
こぎんメガネケース 各6,500円(税込)
質感は硬く、鞄に入れていても潰れなくて安心です。

中はサテンのようなサラサラした肌触りの生地で、レンズに傷がつかないよう配慮されてます。


ここからは力作バッグです

kame26-4.jpg
こぎん刺しミニトート 17,000円(税込)
普段使いに丁度よい大きさです。模様の上部は花こ囲みでしょうか。

模様を拡大するとこんな感じです。

kame26-5.jpg
中も素敵な着物の帯生地で、ポケット1つあり嬉しいです。
kame26-6.jpg



kame26-7.jpg
こぎん刺しショルダーバッグ 25,000円(税込)
ミニトートよりも大きくなり、こぎん刺しの面積が増えてますね。大変な苦労です。
拡大するとこんな感じです。
kame26-8.jpg



kame26-9.jpg
こぎん刺しトートバッグ 36,000円(税込)
大作です。どのバッグも底まで刺し子してあり、もはや芸術作品です。

中もきれいな模様の着物の帯生地で、ポケット2つと使いやすいです。
kame26-10.jpg



最後におまけでこちら
kame26-11.jpg
こぎん刺し模様のクラフトテープ 810円(税込)
いつも青森から届くダンボールは、このこぎん刺し模様のクラフトテープで閉じられており、開けるのがもったいなく感じます。
kame26-12.jpg

kame26-13.jpg

kame26-14.jpg


以上、こぎん刺しアイテムをご紹介いたしました。
青森は東京よりももっと寒いですから、こぎん刺しを見て、自分に喝を入れたいと思います。

ご来館お待ちしております。

アテンダント亀本

カテゴリ:

ご来館されるお客様の中には見るからに古布や襤褸が好きなんだなぁとわかるファッションをされている方が度々いらっしゃいます。

お話を伺うとご自身やご友人の手作りだったりすることも。

一点物ならではの味を活かして皆さん本当に素敵に着こなしていらっしゃいます。

今回は作家さんの手作りの洋服を紹介したいと思います。

・襤褸をリメイクしたジャンパースカート
裾部分は凝った作りになっています。

白Tシャツと合わせても、上着や巻物でアクセントにしても。

いろいろ楽しめそうな1着です。少し大きめなので背の高い方におすすめです。

kaji49-1.jpg

kaji49-2.jpg
¥48,600

・襤褸のリメイクスカート
全体がつぎはぎ襤褸のロングスカート。これ一枚でかなりインパクト大。

ウエストはゴムになっているので着心地も楽チンです。

夏は無地のシャツと、冬は紺のコートにもこもこブーツなんてのもオシャレになりそうです。

kaji49-3.jpg

kaji49-4.jpg
リメイクスカート¥37,800
手織り麻を使ったシャツ¥18,360

・綿の縞地のジャンパースカート

kaji49-5.jpg

kaji49-6.jpg
さりげなくつぎはぎしてあります。
ボロのようなつぎはぎはハードル高いなぁという方には手が出しやすい古布リメイクです。
縞地ジャンパースカート¥34,560
eriko nishiyama raccoonマフラー¥14,580

最後にこちら。
自分で作ってみたい!という方におすすめの一冊「古布を着る。」


kaji49-7.jpg
¥1,814
衣服の作り方が丁寧に載ってる他にも表紙のお二人の古いものと一緒に暮らす素敵な生活ぶりまで写真と文章で紹介されています。

簡単かつ安く衣類がどこででも手に入る時代ですが、お気に入りの1着を大事に長く、そしてオシャレに着こなす。

ミュージアムにいると、それが本当にお洒落ということなのだなぁと感じさせられる日々です。
10月に2階ギャラリーで開催したJAPANVINTAGE展では出展者の方それぞれが自分なりに古布の衣服を身につけていらっしゃったのですが、一人の方はズボンを裏表逆にされていて、でもそれがとてもお洒落な着こなしとなり、新鮮というか斬新!!
ご本人いわく、裏地にこそ当時の職人技が見えるとのこと。

ほぉー。お洒落に型なんてないのだなと感じさせられました。

自分なりのお洒落を探しにミュージアムまでいらしてくださいませ。

アテンダント 梶

カテゴリ:

めっきり秋らしい気候になってきました。
最近では、風邪を引き始めた方をちらほら見かけます。
何よりも首を冷やしてはいけない!
ということで、今回はmatouさんから届いた、ウールのマフラーで
皆様を包み込みたいと思います。

所々に、ドットのような点が散在しているデザイン。
カラフルでカジュアルにも使えるカラーリングが魅力。
Okada42-1.jpg
M1手織りマフラーウール 10,800円(税込)

2つ折りでクルクル巻けば、暖かさも倍増。
派手目の赤から地味目の色で、年齢性別問いません。
Okada42-2.jpg

Okada42-3.jpg

Okada42-4.jpg
M2手織りマフラーウール 各15,120円(税込)

広げてストールのような形で使っても、生地に厚みがあるのでしっかり防寒に役立ちます。
Okada42-5.jpg
M3手織りマフラーウール 各16,200円(税込)

ふんわりやわらかい印象のこちらのチェックは、垂れるように流しているだけでも存在感があって、

キレイに生地が落ちます。
コートの中にこのマフラーを合わせたら、それだけで上品さが伝わるでしょう。
Okada42-6.jpg

Okada42-7.jpg
M4手織りマフラーウール 各16,200円(税込)


毎年、首元を気にして、マフラーを新調しているあなた。
今年はこんなに素敵で、手間のこもったウールのマフラーを使ってみてはいかがでしょうか。
冬はもうすぐはじまりますよ!


アテンダント オカダ

カテゴリ:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top