1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

裂織 Matou 岡﨑美恵子さんの2回目の個展が開催されます。

Sakiori_Ten02.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

今回は初夏にピッタリの色合いで、軽快な装い。
手織りのストールは、麻と綿のサラリとした手触りが気持ちよく仕上がりました。

日々の生活をより豊かに。夏の楽しいお出かけに連れ出してみてください。


●会期
2018年5月29日(火)~6月3日(日)
10時~18時(最終日は16時まで)
入場無料

・・・・・・・・

「裂き織り」とは麻や木綿の経糸に
細く裂いて紐状にした古布を横糸にして織り込んだ布です。

この織物は昔から主に東北地方や日本海側の寒冷地で
農作業や漁業の作業着として織られました。

綿花の栽培ができない寒冷地では北前船などで運ばれる
古手の木綿が唯一の供給源でした。

その貴重な布を最後まで使い切るための再生技術として
裂き織りや刺し子などが発達したのです。

このようなリサイクルの知恵は日本各地や世界各地で
同じような布を見ることが出来ます。

裂織 Matouは、現代のくらしにあったおしゃれな裂き織りを
心をこめて バッグや小物にし提案しています。

裂織 Matou 岡﨑美恵子 : WEBMAIL 

みなさまのご来館お待ちしております。

カテゴリ:

KSKMR18.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

自然溢れる栃木県益子町で活動する、父母と娘の家族三人によるクリエイター集団【アトリエ草冠】
アミューズミュージアムにて、4回目の作品展を開催致します。

今回は「藍の彩り」と題し、風薫る季節にぴったりな暖簾を数多く制作しました。
筒描藍染の技法で描くオリジナルの軽妙なデザインをお楽しみください。
素材はリネン、麻、手織り綿、榀布等でそれぞれの染味の違いをご高覧いただければ幸いです。

また、浅草の年中行事である「お富士さんの植木市(5/26(土)、27(日)」にちなんで、富士山をテーマに三人三様の富士を表現したコーナーもございます。

その他、バリエーションが豊富になった藍染コットンボールアクセサリー、絞り染めストールやバッグ、Tシャツ、上絵付陶器、写真集等もたくさん出品いたします。
          
期間中、作家の若菜さん、野乃花さんは毎日在廊しております。
たくさんの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

アトリエ草冠 異ジャンル*ファミリー「藍の彩り」展

2018年5月22日(火)〜27日(日)
10:00〜18:00 (入館受付 17:30まで・最終日は16:00まで)
アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット

カテゴリ:

前衛的な裂織アート作品を作り出す、 公文知洋子さんの個展が開催されます。

Fabric_Art.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●今回の個展では久々のタペストリー中心です。裂織の楽しさを知って頂けるようにと準備を進めています。
*スタート時から今日までの作品の内より、励みとなった受賞作を含めたタペストリー、ミニチュアと作家独自の裂織布による小品の展示です。
小品...衣服・バッグ・ショール・マット類・クッション・アクセサリー等
*独創的な技法と裂織表現の奥深さや可能性をご覧ください。

●「てご屋工芸班」作品の展示販売を致します。
2010年より裂織とフエルト工芸を指導しています知的障害福祉施設「てご屋自立センター」(山口県宇部市)のとても可愛くてアイディアいっぱいの作品です。
彼らの楽しく、無心に向かい合って生まれた素敵な作品を手に取って楽しんでください。


●会期
2018年5/15(火)〜5/20(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)


公文知洋子 プロフィール

 経歴: 女子美術大学短期大学部卒業
     1978年の初個展以来、国内外で多くの発表を続ける 
     近年はインスタレーションや音楽、ダンス等とのコラボレーションを行い活動範囲を広げる

 受賞: 1984 兵庫県展 近代美術館賞
     1990 日本クラフト展 テーマ部門賞
     1993 朝日現代クラフト展 グランプリ
     2016 ウクライナ 国際テキスタイルビエンナーレ トップ賞

 著書:「公文知洋子裂織の世界 裂(さく)・Fabric Art」 (2003/染織と生活社)
    「SAKIORI Evolution 進化しつづける裂織」(2013/北星社)

カテゴリ:

『手織り大全』『草木染め大全』『裂き織り大全』など多くの著書を持つ箕輪直子さんの7年ぶりの個展です。

MInowa_Naoko_omote.jpg Minowa_Naoko_Ura.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

タペストリーや裂き織りバッグも多数用意しました。

連日開催されるワークショップ「へドルルームで裂き織りベルト」はこちらからお申込みいただけます。

会期
2018年5月8日(火)-5月13日(日)
10:00-18:00(最終日は16:00まで)
最終入館は17:30まで

ぜひ足をお運びくださいね!

箕輪直子オフィシャルサイト

カテゴリ:

当館オープン当初から、路上実演、「気持ち伝わる筆ペン講座」、「和文化講座」などを開催され、アミューズミュージアムと深い縁のあるポエムピクチャーアーティスト/折り句作家 MIKAKOの個展が開催されます。

MIKAKO_HAHA.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。


今回のテーマは「母」。
日頃照れくさくて、なかなか感謝を伝えられな「母」。
母の日の前週に合わせて開催される本展にあわせて、、ぜひ皆様もご自身の「母」について想いを馳せてみてはいかがでしょうか?
今回の個展でも、MIKAKO作品だけでなく、「気持ち伝わる筆ペン講座」に参加されている生徒が描いた力作も出展されます。

太陽のような明るい彼女の人柄が、そのまま優しい言葉で綴られる作品に表現されている大人気作家MIKAKO。
アミューズミュージアムで開催される最後の個展です。
ぜひ、皆様でMIKAKOの温かな世界をご堪能ください。

ポエムピクチャーアーティスト/折り句作家 MIKAKO個展「母」

2018年5月2日(水)~5月6日(日) 10時~18時(最終日16時まで)
※個展中はMIKAKOが会場に在廊予定

カテゴリ:

アミューズミュージアム開館10周年イベント第1弾といたしまして、
重要有形民俗文化財に指定されている田中忠三郎コレクションの刺し子を展示致します。

BOROを見に来て下さるお客様から、
「そろそろあの刺し子が見たい!」
と沢山のリクエストを頂いてまいりました。

昨今では、十和田市現代美術館「田中忠三郎が伝える精神」や、神戸ファッション美術館「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」でしか見られなかった田中忠三郎コレクションの津軽・南部刺し子着物。
ここ浅草で観ていただくには、今しかない!ということで、期間限定ではありますが、特別企画展として皆様にお届け致します。

展示期間は以下の通り、津軽の刺し子と南部の刺し子を前後期日程で開催致します。
今回の特別企画展は、重要有形民俗文化財のため、触れていただくことはできませんが、間近でじっくりとご覧ください。
もちろん、フラッシュ・三脚なしでの写真撮影は可能です。
ぜひ、皆様お誘いあわせの上、お越しくださいませ。

<重要有形民俗文化財~田中忠三郎コレクション~特別企画展>


●前期「津軽さしこ展」

Tsugaru_kogin.jpg

〔日時〕2018 / 6 / 26(火)〜 9 / 9(日)
〔会期〕‪10:00〜18:00‬
    *7/2 , 9 , 17 , 23 , 30 , 8/6 , 13 , 20 , 27 , 9/3 は休館 (最終日は‪16:00‬まで)
〔場所〕アミューズミュージアム 2F

●後期「南部さしこ展」

Nanbu_HIshizashi.jpg

〔日時〕2019 / 1 / 29(火)〜 3 / 31(日)
〔会期〕‪10:00〜18:00‬
    *2/4 , 12 , 18 , 25 , 3/4 , 11 , 18 , 25 は休館 (最終日は‪16:00‬まで)
〔場所〕アミューズミュージアム 2F

※特別企画展・常設展・特別展へは、ミュージアム入場料が必要となります。
※ぐるっとパス、招待券をお持ちのお客様はそのままご入場いただけます。
※特別企画展開催期間中は、無料展示の2階手仕事のギャラリー&マーケットはお休みとさせていただきます。

カテゴリ:

タンスや納戸に眠っていた着物・絣・半襟・帯などに、新たな命を吹き込み

個性的な服やバッグ・細工物等に甦りました。
作り手たちの布に込めた想いと丁寧な手仕事の世界をお楽しみください。

NUNO_Asobi.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2018年4月24(火)〜4月30(月・祝)
10:00〜18:00
最終入館は17:30まで
最終日は16:00まで
入場無料

●出展作家
佐久間 初美・田中 京子・前田 真佐子・岩本 栄子 ( 着物リメイク服)
保坂 光枝(着物服/つるし飾り)
眞木 弘子 ( 染色)
吉田 和枝(先織/染色)
市川 敦子(バッグ/小物)
鈴木 君栄(ちりめん小物)
多田 孝子(つまみ細工)
山本 洋子(パッチワーク)
森 恵美子(テーブルウェア)

皆様のご来館お待ちしております。

カテゴリ:

今年も陽気な春に、坪内シモナさんの特別展が開催されます。

simona2018.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

古い着物地が洋服やバッグに。
9回目となる今回は、織物や生活小物をはじめ、絵画作品もご覧いただけます。
日本の伝統美とヨーロッパの感性が融合した、新たなデザインをお楽しみください。

期間:2018年4月10日(火)~4月22日(日) 10:00~18:00
※4月16日(月)休館
※最終日4月22日は16:00まで
入場無料

皆様のご来館お待ちしております。

カテゴリ:

第6回<和んどめいど>のお題は<桜>。

8人のクリエーター※の桜の花々、隅田川の桜とともにお楽しみください!

Wandmade6-1.jpg

Wandmade6-2.jpg

※画像はいずれもクリックで大きく表示されます。

3000円以上お買い上げの方に恒例の素敵なプレゼント!
※會津 まほろばさんは出展中止となりました。

第6回 和んどめいど
と き : 2018年3月30日(金)~4月8日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00)4/2(月)休館
ところ : アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット

<event schedule>
<参加が楽し!リメイクショー> 

Remake_Show.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

3/31(土)プチショー13:30~
メインショー14:00~15:00 観覧無料

着物リメイクは日本の着物素材・染・柄を生かし、今、着られるものに作り変えるという ステキなお仕事。その仕事の一端を、着物の種類、作家さんの工夫や苦労などを、楽しくご紹介します。

モデル着用の服は購入可能。お着物をリメイクするご参考に。リメイク相談もお受けいたします。


<Work shop羽織にトライ!> 毎日11:00~16:00 無料
日本の羽織を気軽に試す、ワークショップ。撮影無料。インスタUPで、恋みくじプレゼント!


<Work shop和布で作る!しおりorカード> 
平日11:00~16:00 参加費100円/1枚(税込)


<台湾式 足もみ>
やすねこ工房の元気は、足から!元気の素をおすそわけ~。
地元<清澄白河>で活躍する「鶴丸堂」浅草デビュー!
4/1(日)11:00~17:00 
4/7(日)11:00~17:00 
4/8(日)11:00~15:30 
2,000円/20分(税込・要予約)3,000円/30分( 〃 )

詳細はお気軽にお問い合わせください。
お問合せ:やすねこ工房 江東区白河3-1-16 
ブログFacebook
TEL : 090-9304-2277 FAX : 03-5809-8842
(担当 田端 eメール

カテゴリ:

2018_FactoryAI.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

昨年の「てしごと」2017は
販売する側の目線で
ちょっと背伸びした作品を作りました。

今年は、製作側の目線で、Factory藍らしい
日常的な作品をご覧いただきます。

障害のある方々が思い思いに作った、
染め地、織地、刺し子、陶芸をボランティアの方々、
職員が力を合わせ、その個性を活かし、製品に仕上げました。

Tシャツ、ストール、小物、マグカップ
ひとつとして同じものはありません。

ぜひこの機会に、お気に入りの一点をお探しください。

皆様のご来場をお待ちしています。


社会福祉法人藍 大野


〔会期〕2018.3.20(火)〜3.25(日)
    10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
〔場所〕アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット

カテゴリ:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top